モールス信号シールドArduino UNO用のスケッチを更新

NEWS, ソフトウェア公開

モールス信号シールドに機能を追加してサンプルスケッチを更新しました。スケッチの主な変更点は下記のとおりです。

morse-shield_200921.ino (2020/09/21版)

  • 設定モードの各種設定パラメータを保存およびリセットできるようにしました。
  • 電鍵やパドル操作時の復号機能をオンオフにできるようにしました。
  • 縦振り電鍵モードでボタン操作による定型メッセージ再生、PCからのシリアル通信によるメッセージ再生が短点だけになるバグを修正しました。

ダウンロードと詳細な情報はこちらからお願いします。

記事を読む   モールス信号シー ...

頒布対応が遅れることがあります

頒布情報

(2020/9/16追記) 解消しました。

諸事情のため、通常よりも頒布対応が遅れることがあります。例えば、ご注文いただいた作品に在庫がある場合も、発送に通常よりもお時間を要する可能性があります。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解いただけますと幸いです。

記事を読む   頒布対応が遅れることがあります

モールス信号シールドでC言語プログラミング入門 (3)

プログラミング入門

第3回はブザーを使ったメロディーの再生を題材に「配列」を扱います。第1回ではLチカ(LEDの点灯)のコントロールを通じて「定数」を、第2回ではその点灯パターンを変更させて「変数」と「繰り返し処理」を学びました。定数や変数は数値を記憶しておいてスケッチの任意の場所から参照するのに便利でした。

記事を読む   モールス信号シー ...

フェライトコア付きUSBケーブルを選択可能に

NEWS, 頒布情報

USBIF4CW、USBIF4CW Gen.3およびdigiaidをご購入の際に、それぞれのインタフェースに附属するUSBケーブル(ノーブランド1.8m)を、エレコム製の両端フェライトコア付きのUSBケーブルへ変更できるようにしました。

長さは0.7m、1m、1.5m、2m、3m、5mの5種類あります。インタフェースをご注文の際にこちらから追加で選択してください。

記事を読む   フェライトコア付 ...

JTDXでdigiaidを使用する場合の設定手順を記載

NEWS

JTDXでdigiaidを使用する場合の設定手順」を記事にしました。メニューの「言語選択」で「日本語」を選択した状態での手順をまとめましたが、「English」など他の言語でも同様です。設定手順はこちらからご覧ください。

記事を読む   JTDXでdigiaidを ...

頒布作品リストにサイドトーン発生器を追加

NEWS, 頒布情報

この作品はタイマーICを使ってサイドトーンを発生するもので、完成品とキットがあります。006P電池(9V)で駆動します。これまでイベントのみで頒布していたもので、在庫が無くなりしだい頒布終了となります。

お求めはこちらからどうぞ。

記事を読む   頒布作品リストに ...

モールス信号シールドでC言語プログラミング入門 (2)

プログラミング入門

第2回は「変数」と「繰り返し処理」を扱います。第1回ではLチカ(LEDの点灯)のコントロールを通じて「定数」を学びました。定数を定義した時の初期値を調節することで、LEDの点灯をゆっくりにしたり、フラッシュライトのようにしたりすることができることを確認しました。今回は、このパターンのバリエーションを増やしてみます。そして、最後に音を出すことを試します。

記事を読む   モールス信号シー ...

モールス信号シールドでC言語プログラミング入門 (1)

プログラミング入門

プログラミングに挑戦してみたいと思いつつ、なかなかその機会がやってこないというプログラミング未経験者や初心者のかたを対象として不定期で記事を書いていきます。

記事を読む   モールス信号シー ...

モールス信号シールドでC言語プログラミング入門 (準備編)

プログラミング入門

モールス信号シールドで使用しているArduino Unoはプログラミングの入門やサンデープログラマによるプロトタイピングに最適な汎用マイコンです。最初に組み込まれているエレクトリックキーヤとは別のスケッチ(Arduinoではプログラムのことをスケッチと呼ぶ)を書き込んで、様々な動きをさせることができます。

記事を読む   モールス信号シー ...

関西ハムシンポジウムに出展します

NEWS, 出展情報

2/9(日)に開催される関西ハムシンポジウムに出展します。PCを活用したCW・デジタルモード用インタフェースの展示・頒布、サポートなどをおこないます。

記事を読む   関西ハムシンポジウムに出展します

PAGE TOP