ハムフェア2006に出展

NEWS, 出展情報

ハムフェア2006(2006/08/19~20)に出展しました。サイドトーン発生機能として圧電スピーカを内蔵したUSBIF4CW Ver2.3を頒布しました。

記事を読む   ハムフェア2006に出展

関西ハムの祭典2006に出展

NEWS, 出展情報

関西ハムの祭典(2006/06/10~11)に出展しました。

記事を読む   関西ハムの祭典2006に出展

USB-Keyer Ver.1.05b

NEWS, ソフトウェア公開

USB-Keyer Ver.1.05bを公開しました。Turbo HAMLOGとの連携ボタン「F11/F12」を表示しました。「BK」など連続送出できないバグを修正しました。

記事を読む   USB-Keyer Ver.1. ...

BGALOGがUSBIF4CWに対応

NEWS, ソフトウェア公開

BGALOGがUSBIF4CWに対応しました。USBIF4CW Ver.1のDLLがBGALOGの実行ファイルと同じフォルダに必要となります。詳しくは、BGALOG掲示板などを参照してください。

記事を読む   BGALOGがUSBIF4CW ...

USB-Keyer Ver.1.05

NEWS, ソフトウェア公開

USB-Keyer Ver.1.05を公開しました。Turbo HAMLOGとの連携(Fn11でデータ送信、Fn12でデータ受信)を実装しました。パドル操作後の最初の文字が出力されない不具合などを修正しました。

記事を読む   USB-Keyer Ver.1. ...

関西ハムの祭典2004に出展

NEWS, 出展情報

関西ハムの祭典(2004/05/21~23)に出展しました。今回は、USBIF4CW Ver2.2(最新版)が新たに追加され、専用アルミケース、専用基板で、チップがVer.2.2(最新版)のものとVer.1のものを頒布しました。Ver.2.2ではVer.2.1に比べ、動作の安定化、USBIF4CW内蔵のキーヤON/OFF機能追加等が図られています。ただ、依然としてVer2.xではOHCI準拠のUSBホストコントローラを搭載したPC環境においては不具合が生じることがあります。

USBIF4CW Ver2.2固有の既知の不具合についてはトラブルシューティングを作りました。また、USBIF4CW内蔵のキーヤON/OFFによってzLogでパドル動作の安定化方法について解説ページを作りましたので御覧下さい。

記事を読む   関西ハムの祭典2004に出展

ハムフェア2003でUSBIF4CW Ver.2.0をお買い上げの皆様へ

NEWS, 重要なお知らせ

日頃より、USBIF4CWをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

インタフェース内のファームウェアのバグが原因でFSK符号生成が不安定になっていましたので、全数を回収して無償頒布(往復送料を含む)します。 対象バージョンをお持ちの皆様には個別にメールでご案内いたしましたので、交換を希望される方はご連絡ください。 RTTY運用時、インタフェースによるFSK符号生成を利用しない方は特に問題なく使用できます。 今後のバージョンアップ予定は今後の予定をご覧ください。

USBIF4CW Ver.2.2はこの不具合が修正されていますので、USBIF4CW Ver.2.2以降(2004年5月以降頒布分)をお買い上げの方は対象外とさせていただきます。USBIF4CWのバージョン情報はUSB-Keyerでご確認いただけます。

記事を読む   ハムフェア2003で ...

2003年9月1日以降に判明したUSBIF4CW Ver.2.0,Ver.2.1の問題点について

NEWS, 重要なお知らせ

サポート掲示板[27-1]にも掲載していますが、 Windows 2000/XPを使用する一部PC環境においてUSB-Keyer Ver.1.04aを使用した場合に、USBIF4CW Ver.2(USBIF4CW Ver.2.0,Ver.2.1共)で正常な符号生成制御ができないことが判明しました。 数文字送出後、送出が停止するといった状況がおこる場合があります。 zLog for Windowsでも同じような症状が出る場合もあるようです。 具体的には、Windows 2000/XPを搭載したPCでUSBホストコントローラがOHCIである時に問題が発生するようです。 Windows 2000/XP以外のOSを使用した場合にはこの問題は発生しません。 また、Windows 2000/XPを搭載したPCでもUSBホストコントローラがUHCIであれば問題が発生しないようです。 現在原因を究明中です。ご迷惑お掛けしております。詳細につきましてはUSBコントローラの確認方法を御覧下さい。

なお、以下の点については解決済みです。

[2003/9/1] ファームウェアの問題により送信速度(WPM)を変更した場合にスペース長が点間スペース(1短点分)になる不具合がありましたが、USBIF4CW Ver.2.1で修正しました。

[2003/9/1] ファームウェアのバグが原因でインタフェースによるFSK符号の生成が不安定でしたが、USBIF4CW Ver.2.1で安定にFSK符号生成できるよう修正しました。今後、専用DLLもリリースする予定です。

記事を読む   2003年9月1日以降 ...

PAGE TOP